>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

フリーランスに転身して、成功する人・失敗する人の特徴とは?【会社員との違い】

フリーランス⑵

この記事では、

  1. 会社員の特徴
  2. フリーランスの特徴
  3. フリーランスに転身して成功する人・失敗する人の特徴

についてまとめました。

現在の日本で、フリーランスという働き方を選択する人は、全国で約500万人弱と言われています。

理由としては、大きく以下の2点があります。

  1. 終身雇用が崩壊しつつあり、会社員という働き方に不満を抱く人が増えている
  2. 「環境に縛られず、自由に働きたい」という思考を持つ人が増えている。

会社員から、フリーランスへ転身すると、基本的には業務委託で仕事を受けるなど、個人で仕事を獲得する流れとなります。

会社判断ではなく、すべてが個人の判断となります。

もくじ

スポンサーリンク

会社員の特徴

会社に属しているため、基本的には上司がいて部下がいます。
上司が有能であれば良いのですが、必ずしもそうではありません。
また、基本的には個人の裁量で動きたくても動けない場面が多いです。

しかし、縛られた環境ではありますが、その代わりにお給料やある程度の雇用が守られています。
また、住宅などのローンを組む際にも、会社員には信用力があるため、ローンの審査に通過しやすい特徴があります。

いわゆる、社会的な安定性を持っているのが会社員です。

会社員からフリーランスへ転身したいと思っても、周囲から反対されるケースも少なくありません。

フリーランスの特徴

フリーランス

会社員は上司や会社からの指示で行動しますが、フリーランスは周囲からの指示などはありません。

個人の考えで仕事ができるため、会社員のようなストレスは無いかもしれませんが、「過度な自由」でもあるため、自己管理能力が必要不可欠となります。

いわゆる、指示待ち人間にはフリーランスは向いていないということです。

自由がある分、大きな責任も伴っています。
フリーランスへ転身した直後は、収入が不安定になることが多く、安定的なお給与は入ってきません。
その為、「365日働く」という強い気持ちが無ければ、継続して事業を続けることは難しいでしょう。
また、中途半端な気持ちでフリーランスに転身してしまうと、十分に稼ぐことができず、会社員へ戻ってしまう人も少なくありません。

どの業界・どのジャンルでフリーランスになるのか?はとても重要です。
自身の現在の状況や、中長期的なプランを考えながら行動するようにしましょう。

まとめ

フリーランス記事まとめ

フリーランスは、本当に自由に働くことができます。
協業先を探すのも自由で、働く時間も場所も自ら選択することができます。
毎朝、満員電車に乗る必要もなく、オンラインなどで自宅にて仕事を完結させることだって可能です。
そういった意味では、とても快適で、会社員時代には得ることのできなかった自由を手に入れることができます。

一方で、自身の市場価値が如実に表れるため、厳しい世界でもあります。
また、個人で活動する為、すべての責任が自分に返ってきます。

成功体験だけでなく、失敗体験も一つ一つ積み重ねながら、前に進んでいくことで、きっと大きな成果を掴めるでしょう。

フリーランスになるために

  1. 自分に自信を持ち、常に素直・謙虚でいる。
  2. 日々の学びを疎かにしない。
  3. 「これだけは誰にも負けない」という強みを見つける。

この3点を心に刻んでおきましょう。

また、フリーランスとして成功している人の共通点はいくつかありますが、主体性を持っている人がほとんどです。
逆に言えば、保守的な人はなかなかフリーランスには向かないかもしれません。

フリーランスに転身するか迷っている人は、自己分析を行い計画性をもって大胆に行動しよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ