>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

行動できない人の特徴と「たった2つの改善策」

フリー画像
もくじ

スポンサーリンク

行動できない人の特徴と「たった2つの改善策」

「成し遂げたい目標はあるけど、なかなか行動に移せない...」

「計画は立てていいるのに、いざ行動するとなると不安で動けない...」

といった悩みを抱えている人は多くいます。

以前の僕も計画ばかり立てていて、なかなか行動できませんでした。

本記事では、こんな僕が行動できるようになった理由と、2つの行動マインド(改善策)をご紹介します。

結論から言います。

行動マインドとして、下記の2つが重要となります。

  1. 計画を完璧にしない
  2. 失敗を過度に恐れない

行動できない人の特徴

悩んでいるビジネスマン

  • 完璧主義
  • 失敗することを過度に恐れている
  • 計画をたてて満足している
  • 明日から行動しようとする

これらに該当する人は、なかなか行動することができません。

行動できる人のマインド

意志決定 

では、どのようなマインドを持つことが必要なのでしょうか。

行動できる人に変わる2つのマインドについて、具体的にご紹介します。

マインド① 計画を完璧にしない

計画は、行動しながら立てれば良いのです。

また、行動量を増やすことが、成功への近道となります。

実は、完璧主義の人ほど成功をしていないのです。

僕も、計画ばかりを立て続け、気づいたら何も現状は変わらないまま、1年が過ぎていました。

この時、「計画を立てていても全く意味がない」ことに気づきました。

また、計画を立てることで、目標を成し遂げたかのような錯覚に陥ってしまうのです。

しかし、気づくのが5年後、10年後、30年後、だとしたらどうでしょう。

時間は有限です。

計画ばかり立てるということは、恐ろしいことだと理解しましょう。

どんな手段を使っても、時間だけは取り戻すことができません。

人生を左右する20代、30代を捨ててしまう可能性もあります。

計画を立てている時間ほど、もったいない時間は無いのです。

ここでは、計画を立てることを否定しているわけではありません。

行動ができない人は、「計画を立てるのではなく、今すぐ行動するべきだ」ということを伝えたいのです。

マインド② 失敗を過度に恐れない

この世界には、成功している人そうでない人の2パターンしか存在しません。

行動しなければ失敗はしませんが、成功もしません。

また、成功している人は、そうでない人よりも圧倒的に失敗をしています。

つまり、失敗することよりも、行動しないことの方がリスクと言えます。

そして、失敗する不安の内、96%は実際には起こりません。

失敗したとしても、1つの失敗で命を落とすことはなく、破産するわけでもありません。

さらに言えば、破産をしても生きていけますし、問題ありません。

例えば、日本には「自己破産」という制度があります。

この制度は、挑戦した人の為にある制度だと考えています。

日本は挑戦者に優しい国です。

失敗を過度に恐れるのではなく、どんどん行動していきましょう。

生きている限り、何度だってチャレンジする機会はあります。

まとめ

フリー画像

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

あなたが計画ばかり立てていたのであれば、行動する勇気を少しでも与えられていれば本望です。

生きている限り、いつからでも挑戦でき、変わることができます。

人生は、どれだけの時間を生きたかではなく、どれだけ充実して過ごせたかが全てです。

行動をして、失敗したケースを考えてみてください。

もし失敗しても、全く問題ないのではないでしょうか。

行動できない理由の1つに、現状維持バイアスも関係しています。

気になる方は、こちらの記事もご覧ください。

計画を立て続ける生き方から、行動し続ける生き方にシフトしていきましょう。

  1. 計画を完璧にしない
  2. 失敗を過度に恐れない

この2つを頭に入れておいてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ