>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

【働き方の多様化】自分にあった働き方は?「この世は、4つの仕事に分類される」

フリー画像 価値観
もくじ

スポンサーリンク

【働き方の多様化】自分にあった働き方は?「この世は、4つの仕事に分類される」

この記事では、世の中にある仕事の分類と、それぞれの特徴についてまとめました。

世の中の働き方は、大きく分けて4つに分類されます。

大きく分けると、

  1. 会社員
  2. ビジネスオーナー
  3. 個人事業主
  4. 投資家

に分類されます。

それぞれの特徴を理解し、自分に合った働き方を選択していきましょう。

世の中には、4つの働き方が存在する

フリー画像 働き方

1つは、会社員です。

おそらく働いている現役世代では、ここに分類される方がほとんどだと思います。

会社に就職し、会社から毎月きまった日にお給料をいただく働き方です。

2つ目は、ビジネスオーナーです。

何もしなくても仕組みだけで生きていける方法です。

どういうことかというと、定期的に資金が入ってくる仕組みをもっている状態です。

たとえば、

不動産オーナーであれば家賃収入、

本を出版したら、印税収入などです。

1度このような定期的に収入が得られる仕組みを獲得しておけば、一定期間、場合によっては半永久的に資金を獲得できるというものです。

3つ目は、個人事業主です。

この働き方のおおくは、法人化をせず、個人商店をもつイメージです。

自分でショップを開業し、どのような商品・サービスをお客様に選んでもらえるかを考え、行動します。

※基本的には、すべての業務をひとりでこなさなければいけません。

例外として、

自分がつくったビジネスが軌道に乗りだしたら、会計は税理士に、あるいは、業務が拡大してきたら、従業員を雇用し、負担を減らすなどのやり方があります。

ただ、軌道に乗るまでに、とても時間がかかる場合がおおいです。

個人で始めるためには、ビジョンを描き、開業にむけての準備を入念に行う必要性があります。

4つ目は、投資家です。

企業や個人にお金を投じて、その投じた額とプラスアルファの配当金で、利益を得ている人です。

たとえば、

株や債券、投資信託をしている人などが、ここに分類されます。

あなたにあった働き方とは?

さて、あなたは、将来どの分野で活躍してみたいと思いますか?

終身雇用が崩壊しつつある現代において、一生涯サラリーマンで良いのかどうか、悩む20代、30代の方をおおく見かけます。

サラリーマンは雇われの身ですが、その代わりに毎月お給料が支払われます。

特徴としては、一生懸命働こうが、サボろうがお給料はほぼ変化しません。

自分のやりたいことが明確にある人、時間に縛られたくない人は、個人事業主として働く選択をしてみてはいかがでしょうか?

一方で、時間管理や自己管理ができない人は、個人事業主として自由に働く道を選択してしまうと、失敗してしまうリスクが非常におおきいです。

「個人事業主は自由でうらやましい」

とみられがちですが、サラリーマンよりも大変です。

時間や仕事には縛られませんが、その代わりお給料が毎月不安定になります。

一生懸命働いて成果をあげれば、その分報酬は入ってきますが、逆にサボったりして成果を出さないと、アルバイト以下の報酬となります。

お給料が入らない可能性だって考えられます。

個人事業主と会社員の違い

  • 安定性があるかどうか
  • 自由度があるかどうか
  • お給料を自分で決められるかどうか

会社員から夢をいだいて個人事業主となる人は大勢います。

しかし、生計がたてられず、会社員にもどる方が圧倒的におおいのです。

独立をして失敗してしまう人の特徴

  • 自由を勘違いしている
  • やりたいことが明確になっていない
  • ビジョンや資金計画ができていない
  • 人に頼らず、ひとりですべてやろうとする
  • 自己管理ができていない
  • すぐにあきらめる

会社員をしながらビジネスオーナーという選択肢

ビジネスオーナーと聞くと、

限られた人しかなれない・・

成功した人しかなれない・・

お金持ちしか・・・

と考える人はおおいのではないでしょうか?

ビジネスオーナーとは、定期的にお金が入ってくる仕組みを利用することです。

じつは、会社員の方でもビジネスオーナーになることができます。

会社で働いていれば、毎月お給料が支払われます。

そのうえで、第2のお財布として、お金の財源をつくるということです。

たとえば、

1つに、家賃収入というものがあります。

物件の所在によって、家賃は様々ですが、東京の都心だと月間の家賃が8万~13万ほどです。(1Rタイプ)

仮に家賃が10万円だとして、勤務先のお給料が20万円だとしましょう。

すると、お給料と家賃収入でなんと毎月30万円が入ってきます。

しかも、不動産に関しては、節税もできるケースがあるので、実質得られる手取りは少しおおきくなります。

この仕組みを、数十年もっていると考えると、かなりおおきな金額となります。

※実際は、この場合ローンを組んで購入するケースがおおいため、最初の数十年間は、家賃収入のほとんどが返済にまわります。

ローンが終われば、物件そのものが財産となり、家賃収入は入りつづけます。

ローン完済後は、非常におおきな功績を残してくれると思います。

まとめ

フリー画像

仕事を4つのカテゴリーに分類しましたが、すべてが別物です。

人によって、合っているモノ、そうでないモノがあると思います。

将来、あなたがどの方向に進みたいか、あるいは検討しているか、さらに言えば、あなたの将来をふまえた上で、何をして社会に貢献していきたいかを考えてみてください。

明確にきまっていないのであれば、1度、ライフプランをたてることをオススメします。

ライフプランをたてることで、あなたの考え方、資金の流れを可視化することができます。

よく、「見える化」という表現を使いますが、頭で考えるより、じっさいに書いた方が、具体性が何倍にもアップします。

変化に取り残されないよう、行動しつづけましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ