>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

習慣化できない人の特徴と「習慣化させるコツと法則」~継続は力なり~

フリー画像継続

この記事は、

  • 何かを始めても、継続ができない方
  • 3日坊主であきらめてしまう方
  • 「習慣化」させる方法を知りたい方

にむけて、習慣化のコツと法則についてまとめました。

もくじ

スポンサーリンク

習慣化できない人の特徴と「習慣化させるコツと法則」~継続は力なり~

 何かを成し遂げたい!

と思った時に、「成功する人」「失敗する人」の違いは、継続する力があるかどうかです。
言い換えると、「習慣化」する方法を知っているかどうかです。

習慣化させることで、継続することが簡単になる

フリー画像

 成功する人と失敗する人の違いは、「継続できるかどうか」です。
一度習慣をつくってしまえば、継続することは難しくありません。

継続できない人の特徴

  • 取り掛かる前の段階で「悩み」がある(何をするか明確に決まっていない)
  • 完璧主義である
  • 取り組む時間が、いつも決まっていない

どのように「習慣」を定着させていくのでしょうか?

1日のなかで、取り組む時間を決める

たとえば、お仕事終わりに帰宅してからの15分や、出勤前の15分など。
まずは、取り組む時間を決めることが大切です。

作業時間を気にせず、少しでも「毎日続ける」

作業する際のハードルが上がっていると、なかなか継続ができません。
とにかく、毎日続けることを最優先しましょう。

継続できないのは、作業に取り掛かるまでに時間がかかってしまうからです。
案外、スタートしてしまえば、気づいたら1時間たっていたり、2時間たっていたりすることもあります。

まずは、1日、15分でも良いので必ず継続するようにしましょう。
1日も休まないこと

インキュベートの法則 「21日間で習慣になる」

フリー画像 カレンダー

インキュベートの法則というものがあります。
(行動心理学では有名な法則です)

どのような法則かというと、

「21日間、継続したことは習慣化する」というものです。

習慣化したいことを、21日間(3週間)続けることで、顕在意識から潜在意識へと変わり、行動が習慣化されます。

  • 顕在意識=自分が意識して行動していること
  • 潜在意識=自分が無自覚にやっていること

顕在意識のなかでやっているものは、まだ習慣化されていません。

顕在意識→潜在意識に変わるタイミングが21日間です。

もし、21日間継続することができたら、そのころには、「やらないこと」が違和感に感じてきます。

この感覚を手に入れることができたら、「習慣化できた」ということです。

「継続は力なり」

ジャンプ フリー画像

1日 = 24時間 = 1440分

1440分のうち、たった1%を「習慣化したいこと」「目標」のために使うようにしましょう。

たった1%です。

時間にすると1日のたった15分です。

毎日0.1%(1%の10分の1)の成長を続けたらどうなる?

  • 1年間、毎日0.1%の成長で44%(1.44倍)の成長
  • 5年間、毎日0.1%の成長で600%(6倍)の成長
  • 10年間、毎日0.1%の成長で3800%(38倍)の成長

「継続は力なり」とは、まさにこのことです。

毎日、たった0.1%でいいのです。

「やる」と決めたことは、21日間続けてみましょう。

いままでは、なぜ継続できなかったのか?

それは、21日以内に「継続をやめてしまったから」です。
小さなことでも、毎日続け、良い習慣を身につけていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ