>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

あなたは一流?「営業力」と「仕事運」をアップさせる小さな習慣5選

フリー画像
もくじ

スポンサーリンク

あなたは一流?「営業力」と「仕事運」をアップさせる小さな習慣5選

この世界は、営業(マーケティング)によって、成り立っています。

今あるすばらしいサービスも、「営業マン」がいなければ、ぼくたちに届いていません。

どんなに良い商品をつくっても、「営業マン」が魅力と必要性を伝えられなければ、もったいないですよね。

営業マンが会社を支え、そして日本を支えているのです。

この記事では、

  1. なかなか営業成績が上がらない方
  2. いつも運が悪いな、と感じている方
  3. 営業力、仕事運をアップさせたい方

が実践すべき小さな習慣5選」をご紹介します。

移動中に準備を完璧にする

得意先で、お客様からの質問に対して「会社に戻って確認します」と発言したことはないでしょうか?

営業とは、社内で行うものではなく、お客様の前で行うものです。

どんなに良いスーツをきて、ネクタイをビシッとしめていても、この一言で仕事はなくなってしまいます。

もちろん、あいまいな結論を出すのは論外です。

一流の営業マンは、一流の準備をしています。

移動中を大切にしましょう。

そして、お客様の前で答え、その場で決断できる準備をしておきましょう。

あなたの人脈をフル活用し、「お客様同士を紹介する」

紹介するためには、ひとりひとりのお客様のことを良く知らなければいけません。

これからの営業は商品に詳しいことより、「人に詳しくなること」が大事です。

たとえば、

バーテンダーの仕事は、お酒をつくり販売することではありません。

お客様に別のお客様を紹介することが、本当の仕事です。

商品知識や目先のことばかりを見ていても、状況は変わりません。

これからは、「お客様の事をもっと知ろう」という意識をもって行動してみてください。

伝えたくない悪いニュースこそ、真っ先に伝える

「悪いニュースを伝えたい!」という人はいないと思います。

しかし、悪いニュースこそ明るく、早く伝えるようにしましょう。

そうすることで、あなたと相手の信頼関係は深まっていきます。

「良いニュース」「悪いニュース」があるのではなく、あなたの「伝え方」次第なのです。

身の回りをコンパクトにする

あなたが「なんとなく保管しているモノ」は、今後使うことがありません。

「とりあえず取っておこう」「一応持っていよう」、という考え方をやめましょう。

  1. 使う
  2. まわりの人にあげる
  3. 捨てる

このどれかを選択するようにしてください。

余分なものがあると、あなたの空間がどんどん奪われていきます。

空間=時間

電話がなったら、すべて良い話だと思って出る

仕事がうまくいっていない人、いつも怒られている人は、「電話が怖い」と感じてしまっています。

そして、電話が鳴るたびにビクビクとしてしまいます。

その結果、電話に出る声に元気がなく、暗い雰囲気となってしまいます。

電話がなったら、「ぜんぶ良い話」だと思って、明るく出るようにしましょう。

良い電話と思うだけで、良い電話になります。

第一声を、明るく元気に発してみてください!

一流と二流の違いは、小さな習慣の違いです。

大きな実力の差でも、才能でもありません。

今日から、「5つの小さな習慣」を意識して、行動してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ