>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

【民間保険】主契約と特約について、正しく理解しよう!

営業 フリー画像

この記事では、民間保険の「主契約」「特約」について分かりやすくまとめました。

保険の見直しや、加入前の判断材料として、ぜひ活用してください。

もくじ

スポンサーリンク

【民間保険】主契約と特約について、正しく理解しよう!

民間保険の商品には「主契約」と「特約」の2つがあります。

主契約=保障を外せないもの(必ず付いてくる保障)

特約=主契約に上乗せして付ける保障(オプション)

特約のイメージ

携帯ショップでスマホを購入する際

店員さんから

「最初の1ヶ月だけ、これらの特約(オプション)を付けておいてください。1ヶ月経ったら特約を外しても大丈夫です。外すのを忘れると、料金が発生するので気を付けてくださいね。」

といった、セールストークを言われたことはないでしょうか?
 

そして、1ヶ月後…

特約を外すのを忘れていて、料金が発生してしまった経験は、1度はあるのではないでしょうか?
 

民間保険の特約

フリー画像

契約時に、必要な保障を担当営業マンと選んでいるため、余計な保障を付けているケースはほとんどないと思います。

 しかし、あくまで「ほとんど」です。

加入している保険を見直すと、やたらと特約が付いていて、保険料が高かったりします。

不要な特約を外すことで、月々の固定費を下げることが可能です。

 「とにかく保険料を安くしたい」という方は、ネット保険や、共済に加入します。

民間保険の主契約

フリー画像

保険の核となる保障の部分です。

現在の環境に応じて、どのようなリスクに備えたいかを考え、基本的な保障内容を決めます。

いつかは、保険に加入するタイミングがある人の方が多いです。

※現在、日本の保険加入率は約8割と言われています。

 

また、保険は人生の買い物の中で、不動産に次いで2番目に高い買い物と言われています。

  1. 不動産
  2. 保険

 

月単位で考えれば、そんなに保険料は高くないと思いますが、長期にわたって支払うので、計算すれば百万単位になります。

 

たとえば、30歳から65歳まで保険料を支払った場合

  • 月々5,000円であれば、35年間(420ヶ月)で210万円
  • 月々1万円であれば、35年間で420万円
  • 月々1.5万円であれば、35年間で630万円

 

また、ライフステージによって、保険料は変動していきます。

年を重ねるごとに保険料も高くなっていきます。

 

普段から、保険に意識を向けている方は少ないと思いますが、保険を考えるタイミングやきっかけがあれば、ぜひ1度ライフプランについて、考えてみてください。

 

保険の加入例

フリー画像 選択

いくつかの保険会社を組み合わせるという方法があります。

たとえば、主契約がすばらしいA社、特約だけ素晴らしいB社があるとします。

A社もB社も加入すると両方の主契約が付いてしまいます。

この場合、まず特約を一切付けない状態で主契約だけA社に加入するとします。

 そして、主契約は付いてきますが、主契約を最低限の内容で加入し、特約を充実させるために、B社に加入するという方法があります。

 

保険料も会社によって相違があるので、金額も考慮して組み合わせる必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ