>>人気急上昇中のWordPressテーマ【SWELL】

【投資と預貯金】投資について正しく理解しよう

フリー画像 投資
もくじ

スポンサーリンク

【投資と預貯金】投資について正しく理解しよう

 

あなたは、

投資預貯金の違いを理解していますか?

その前に、

貯金預金の違いは理解していますか?

 

 

貯金と預金

まず、貯金と預金の違いですが、

貯金=ゆうちょ銀行に預けているモノ

預金=ゆうちょ銀行以外に預けているモノ

となります。

 

 

非常にシンプルで、

預け先の違いでこれら2つを区別します。

そして、

これらを合わせて預貯金と言われます。

 

 

「投機」と「投資」を理解しよう

フリー画像

 

おおくの方は、「投資は危険なモノだ」

と思っています。

 

 

運用というものは、

大きく分けて2つあります。

それは、「投機」「投資」です。

 

 

投資は聞いたことがあるけど、

投機は聞いたことがないという方は

おおいのではないでしょうか?

 

 

投機とは?

 

投機は、「機会にお金を投じること」

すなわち自分のタイミングで価値を見定め、

それにお金を投じることです。

 

 

たとえば、

モノの価格が安いときに購入し、

高くなったら売るということです。

 

 

とうぜん、

自分のタイミングで売買するので、

リスクが大きいです。

 

 

そのため、

株で大儲けして喜ぶ人がいる反面、

大損したとげんなりする人もたくさんいます。

 

 

投資とは?

 

長く時間をかけてお金を育てていくことです。

投機のように、

タイミングでお金を投じるモノではないです。

 

 

お金を育てるイメージなので、

たとえ経済状況が好調なときでも、

悪いときでも、お金を一定額投じます。

 

 

そうすることで、

自然と経済が良いときは、

モノがあまり買えませんが、

経済が悪いときは、モノが多く買えます。

 

 

結果として、購買率が平準化し、

投じた資金(元本)よりも

収益がのびているという結果になります。

 

 

これを「ドルコスト平均法」といいます。

(ただ元本保証はなし)

 

 

どういう原理かというと、

長期で投資をしていれば、

リスクも同時に分散化され、

悪いときのリスク抑制になります。

 

 

おおくの人は、

投機のことを投資と勘違いしているのです。

 

 

「投資は投資」「預貯金は預貯金」

フリー画像

 

「ふだん使わないお金は投資にまわすべきだ」

と言っている金融機関の方も

見受けられますが、「事実は違う!」

とわたしは感じています。

そもそも、

投資と預貯金の性質がまったく違います。

 

 

預貯金(銀行に預けること)

 

超低金利時代なので、

ひと昔前のように

銀行金利が6%、7%の時代ではありません。

いまや0.001%という、

ほぼ金利がないに等しい時代になっています。

 

 

こういう理由から、

「お金は銀行に預けても増えないので、

投資にまわしましょう!」

という人が増えているように思います。

 

 

ただ、

預貯金(銀行)を否定するのではなく、

預貯金にもメリットはあります。

 

預貯金のメリット

  • 元本割れしない

(インフレ「物価上昇」リスクは考慮しない)

  • いつでもお金を口座からお金を引き出せる

※これが最大のメリットです。

 

 

預貯金とは、「緊急予備資金」なのです。

 

 

たとえば、

急にまとまった治療費が必要、

親族が亡くなり、

葬式費用をきゅうきょ立て替えなければ

いけない(冠婚葬祭など)、

あるいは思い立って旅行に行こう

といってお金を引き出すなど、

上げればキリがないです。

 

 

こういう突発的にでていくお金に

対応するために銀行にお金を預けます。

 

 

投資について正しく理解しよう

 

投資は、途中解約もできますが、

早期解約をすると基本的に元本割れします。

あくまで、

10年、20年は運用することが基本となります。

 

 

たとえば、

預貯金代わりに投資をはじめたとします。

しかし、

2年後にまとまったお金が必要となり、

銀行にいっても、

預貯金代わりに投資をしている場合、

口座にお金がない( ノД`)シクシク…

となってしまいます。

 

 

かといって、投資商品を解約するにも

2年間であれば、払った分以下になります。

どうしても必要な場合は、

解約をして資金を引っ張りだしますが、

元本割れしてしまうので、

払った額以下しか手元に残りません。

納得できないですよね( ノД`)シクシク…

 

 

まとめ

フリー画像

 

預貯金のすべてを投資にまわしてはダメです。

 

 

一般的には、

お給料の20~30%を投資にまわした方が

良いとされていますが、あくまで参考値です。

 

 

みなさん生活環境が違います。

20%も投資できないという方も

いらっしゃるでしょう。

まずは、無理のない範囲で少額から

はじめればいいのです。

そして、

余裕がでてきたら増額していきましょう。

 

 

いつでもお金を引き出せる資金を

用意したうえで、

それでも手元に余裕があるのであれば

投資にまわす意識をもつことが大切です。

 

 

投資と預貯金は特性が違うので、

分けて考えるようにしましょう。

 

 

具体的にどのくらいを目安に投資と預貯金に

区別できるか分からないという方は、

1度CF表(お金の流れの地図)を

作成してみると良いと思います。

 

 

キャッシュフロー(CF)といって、

今後の将来、

あなたのお金の流れが一目で分かる表を、

お作りできるサービスがあります。

CF表については、

こちらの記事をご覧ください。

 

 

銀行、証券会社、保険会社、

独立金融仲介人(IFA)、

あるいは日本FP協会のHPから、このCF表を

ダウンロードすることができます。

 

 

ご自身でもできますが、

はじめは分かりづらいので、

まずは、専門家の意見を聞いてみるのも

いいでしょう。

 

 

100年時代に必要なお金の基礎や、

資産形成について更新していきます。

みなさんの将来が少しでもいい方向

に進める「助け舟」のような役割を

果たせたら本望です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ